100万円以上借り入れをする方法

貸金業法上、同業者から50万円を超える金額を借入する場合、他業者(銀行は含まず)と合わせて100万円を超える金額を借入する場合には、年収証明書の提出が必要となります(新規申込みの場合は、本人確認と在職確認のため、免許証など申込者の属性を書き込んだ申込書と本人確認書類(健康保険証、パスポート、銀行のキャッシュカード、住基カードなど公的な書類で本人の名、生年月日がわかる書類も必要)。

 

貸金業法の総量規制によって、個人への貸し付けは年収の三分の一までと制限されています。これは、無謀な貸し付けと無計画な借り入れをすることで、多重債務者が増えてきたことに起因します。

 

年収証明書は、給与明細書、税務署の印が押された確定申告書の写しや納税証明書、課税証明書など公的な裏付けが成されている証書となります。

 

以上が一般的に書かれた100万円以上の貸付を受ける場合の必要書類と手続きです。

 

ただし、申し込んだからといって必ずしも100万円以上の借り入れができるわけではありません。個人の信用情報、過去の取引実績なども吟味されたうえで、貸付の上限金額が設定されるからです。

 

業者側は貸付する金額が大きくなればなるほど、審査の基準も慎重になります。
だれしも、自分が貸したお金が返ってこないことを喜ぶ人なんていません。特に今回の記事のように、100万円を超える大金である場合、ある程度審査基準は厳しくなると考えていいでしょう。

 

例えば、100万円の融資が難しかったとしても、それ以下の金額で業者側から提案がある場合もあります。
100万円は難しいけれど、80万円なら、こういった風に妥協案を提供してくれることも有りますので、その範囲内で利用するようにしましょう。

 

基本的に、ある程度の年収と勤務実績、そして過去の取引において大きな事故履歴などが無いと、ある程度の金額を貸し付けてくれることはできます。
くれぐれも、申し込みの時点で、他の借り入れ状況など虚偽の情報を記載するようなことはやめましょう。

 

消費者金融関連の業界も、信用をベースにサービスが提供されているということを忘れないようにしましょう。

  • 2012/10/12 16:32:12