ATM手数料について

消費者金融のATM手数料は2012年の春から、提携ATMの利用分だけ有料化されました。提携先のATMとは、コンビニ、銀行などの装置のことを指します。
これは金融機関相互の送受金時に受け渡しする手数料がみなし利息に当たると法的に解釈されるからです。

 

みなし利息とは、あらかじめ決められた返済方法なら出資法の上限であった29.2%まで業者は回収しても良いというみなし弁済の際に適用される利息。このみなし弁済こそがグレーゾーン金利の廃止を導き出した法的根拠になります。みなし弁済が廃止されれば、みなし利息も廃止される。そこで金融機関同士で、相互受け渡しにかかる料金の改定が行われたのです。

 

その結果がATM手数料の有料化。

 

レイクのように提携ATM手数料を無料化する業者もあります。

 

では、全消費者金融が銀行に手数料の肩代わりの契約を結べば良いではないか、という声が聞こえてきそうですが、そうなると銀行が消費者金融側に法外な手数料を要求し、とみなし利息の復活のような形になってしまいます。

 

だから、1万円以下では105円。1万円を超えた場合は210円という銀行の手数料と同じような料金体系が取られる形で落ち着いたわけです。
この提携ATM前面有料化からまだ日が経っていません。そのために利用者側は意識して使っていませんが、頻繁にコンビニのATMを利用するようなことがあれば、すぐに数千円の手数料が発生することになります。

 

できれば、消費者金融や手数料が無料の提携ATMを探して取引をしたほうがいいでしょう。手数料は、悪い言い方をすれば無駄な出費にあたるものです。いろいろな業者が手数料においても他社と差別化を図るために無料化を進めていますので、しっかりと確認するようにしましょう。

  • 2012/10/12 16:32:12