ブラックリストについて

金融機関が利用している個人信用情報機関で各々に記録されている長期の延滞金、未払い事故の情報が記載されているものを一般的にはブラックリストと呼んでいます

 

実際にブラックリストとして独立している名簿はなく、各々の生年月日と個人(読み仮名)ので特定された情報欄に、異動情報として記載されているもののことを通称してそう呼びます。

 

異動情報とは、

 

  • 契約が3ヶ月以上の長期間延滞になったもの
  • 債権放置いわゆる支払い不能
  • 特定調停を行った場合
  • 代位弁済が履行された場合(保証人に返済してくれるようお願いが行っている場合)
  • 金融機関が介在しての自己破産
  • 官報に記載される自己破産、民事再生

 

を指します(自己破産、民事再生の官報情報は公開情報なので、金融機関が独自にデータベース化していると考えられています)。

 

ブラックリストのことを気にかけている人の多くは自己破産などの債務整理の実績がある場合か、長期間延滞のためでしょう。異動情報が個人信用情報機関の登録情報から消えないことには、新たな融資を受けることも難しくなります。

 

例えばこの情報は、消費者金融関連の業界だけに限定されるものではなく、他の金融商品、例えばカーローンや教育ローン、高額な金額となる住宅ローン、クレジットカードの審査などにもすべて影響するようになります。

 

ただし、このブラックリストは一生掲載されるものではありません。
長期間の延滞に付いても同じ。個人信用情報機関のデータベースでは、最大で7年間情報が掲載された後、異動情報は削除されます。長期間延滞で後に返済が終わったなどの場合は、7年経過すればカードの発行の障害にはなりません。

 

気になるのは、自己破産や長期間の延滞で異動情報が掲載されてから3年〜5年程度でカードが発行できるのか否か。それについては業者によって基準が異なりますので、一概に言うことはできません。

 

延滞情報の場合、例えばA社での延滞履歴が消えていたら、その延滞情報をB社が知る術はありませんが、A社の延滞情報はA社に独自のデータとして蓄積されますので、再度A社で契約をするのは難しいと言えます。

 

個人信用情報機関に掲載されるカードの発行申込みの記録は最大で6か月間保存されますので、一度、消費者金融のインターネット経由審査で申し込んで断られたら、しばらく期間を置いた方がいいでしょう。

  • 2012/10/12 16:32:12