キャッシング・ローンの申込み手続き方法

消費者金融系の新規融資申込みについては、申込窓口が4つあります。

 

1:PC、携帯電話、スマートフォンによるインターネットからの申込み
2:電話(フリーダイヤルの場合が多い)での申込み
3:無人機を利用しての申込み
4:店頭へ来店しての申込み

 

この全ての窓口で、融資申込書の記入、提出が必要になります。
氏名、年齢、住所等から本人確認、そして年収の自己申告、職場の名称、連絡先等から在職確認が必要となり、正しい情報を記入する必要があります。
本人確認と在職確認は貸金業法上、業者に履行が義務づけられているので、これを省略する窓口、業者はありません。これにより、借金をしていることが職場にばれてしまうのではないか、と思う人もいますが、金融機関もその面については配慮してくれていますので、職場にバレる心配はありません、ご安心ください。

 

この申込書と同時に提出するのが免許証などの公的な証明書です。免許証があれば、それ以外の証明書は必要ないケースが多くなっています。
免許証を持っていない場合となると、健康保険証とパスポートの2枚が必要となる場合もあります。
免許証もパスポートも保持していない場合には、保険証に加えて銀行のキャッシュカード、住民基本台帳カードなどで代用可能です。

 

インターネットで申込み
インターネットでの申込みの際には、上記のような書類を写真に撮ってデータアップロード、またはメール添付の形で提出することになります。(ホームページには記載されていませんが、大手6社は全てメール添付の形に対応しています)。

 

電話で申し込み
電話での申込みの際にも、本人確認書類をメールで送付したいと伝えれば、指定のメールアドレスを教えてもらえるのでインターネット申込みの時とほとんど同じ形になるでしょう。

 

無人機で申込み
無人機での申込みは、本人確認書類を持参していれば、無人機からの指示通りに従えば、簡単に申し込みができます。
店頭の場合も同様。スタッフがいますので、より丁寧に申し込み方法を教えてくれることでしょう。

  • 2012/10/12 16:32:12