消費者金融についてよくある質問にお答えします

大手キャッシングでお得な借り先って、あるの?

基本的にアコム、プロミス、レイク、アイフル、ノーローン、モビットの大手は同じ金額を借りるのであれば、ほぼ同質のサービスを受けられるので差はないと思われます。
利用者の立場から、まずお得と考えられるのは「金利」ですが、これは利息制限法の改正があってから、上限ギリギリの金利が適用されるケースが増えました。
利息制限法では10万円を超え100万円以下の利用金額の場合、年利は18%以下にしなければなりません。広告をご覧になればすぐにおわかりになると思われますが、ほとんどが実質年利18%であり、プロミスだけが17.8%を適用しています。

 

ややマニアックな見方をすれば、利息分に対し楽天スーパーポイントを付加するサービスをノーローンが採用していますが、楽天スーパーポイントをそのまま喧嘩できたとしても年利が17.6%。さらに楽天スーパーポイントは現金化はできません。
楽天をよく利用する人がちょっと得をする、ということでしょうか。

 

むしろ、無利息期間サービスとATM手数料の無料化に注目すべきでしょう。
レイク、プロミスの30日間の無利息期間サービスは、最初の返済金が全て元本に充当されます。
つまり、ホームページに出ているような最低返済額による返済を続けていったとしたら差書の金利分だけ返済額が少なくなるのです。金利は低くなりませんが返済額は少なくできます。

 

また、ノーローンのように7日間無利息であれば、給料日の一週間前に不足資金を借り、給料日に一括返済をすることができます。給料日を前倒しで受けられるのです。これをお得と言わず何と言いましょうか。

 

また、貸金業法の改正で一部のATM手数料が一斉に有料化しました。が、レイクは提携ATMであれば、365日24時間入出金無料。入金時も出勤時も有料の場合は1万円以下の利用で105円、1万円を超える利用で210円の手数料を取られます。ローソンのATMのように1回の操作で20万円アドという規定があれば、4回操作して820円もの利用料を取られます。

 

そういった無料で利用できるコンビニATMがいくつ存在するかも今後のお得度に関わってくる問題だと思われます。

 

大手6社の中でコンビニATMが無料で利用できるのはレイクのみ(提携ATM)。他は振込手数料無料の振込融資などを活用するようにして、なるべくATM手数料を抑えるようにすることです。お得な道は自分で選ぶこともできます。

関連コンテンツ

パート、アルバイトでも借りれる?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「パート、アルバイトでも借りれる?」に対しお答えしています。
申し込みから融資までの期間はどれくらい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「申し込みから融資までの期間はどれくらい?」に対しお答えしています。
高額なら銀行系がいい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「より多くの金額を借りるには、やはり銀行系?」に対しお答えしています。
最低年率で融資を受けられる?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「最低年率で融資を受けられる?」に対しお答えしています。
コンビニATMは使える?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「コンビニATMは使える?」に対しお答えしています。