消費者金融についてよくある質問にお答えします

最低年率で融資を受けられる?

キャッシングやカードローンのサービスを確認しているとき、例えば「5%から18%」といったように金利の幅が設定されていることが多くなっています。
これらの金利は、申し込みをする人の与信力などによっても変わりますし、借り入れをする金額、設定する限度枠の金額によっても異なってきます。
もちろん、金利は安いに越したことはありません。もともと、消費者金融の金利は若干高い、といった風に言われていますが、例えば最低の金利で融資を受けることができれば、銀行系のキャッシング、クレジットカードの分割払いなどにも劣らない低金利で借り入れを行うことができます。

 

金利を低くするにはどうすればいい?
金融機関はどういった人に低金利で融資をするのでしょう?それを考えるとおのずと答えは出てくるはずです。
金利が安いということは、「利用者にとっては魅力が高く使いやすいサービス」ということができ、「業者側にとっては利益が少なくなる」という二面性を持っています。
しかしながら、業者にとって「融資を良く利用してくれる優良顧客は何としても確保しておきたい」といった思惑があるのも事実。これを実現するために、優良顧客になりそうな人に、低金利での貸し付けを行うのです。
ここで言う優良顧客とは今までの金融取引実績も豊富で、もちろん延滞などの事故履歴もなく、更に勤務先属性も良いような人のことを言います。

 

金利を下げる方法、限度額ギリギリでの利用
消費者金融に申し込みをするとき、限度額の希望枠を記入することになります。
例えば、30万円から100万円の融資枠を用意している企業の場合、100万円の限度額ギリギリの申し込みをすることで、若干ですが金利が安くなる可能性が高くなります。

 

上記でも説明している通り、消費者金融にとって大口の借り入れをしてくれる人は大きな利益源になるからです。たくさん融資を受けてくれる人は、低金利で貸し付けますよ、といったような交換条件を用意していると考えるといいかもしれません。

関連コンテンツ

パート、アルバイトでも借りれる?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「パート、アルバイトでも借りれる?」に対しお答えしています。
申し込みから融資までの期間はどれくらい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「申し込みから融資までの期間はどれくらい?」に対しお答えしています。
お得な業者とかありますか?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「大手キャッシングでお得な借り先って、あるの?」に対しお答えしています。
高額なら銀行系がいい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「より多くの金額を借りるには、やはり銀行系?」に対しお答えしています。
コンビニATMは使える?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「コンビニATMは使える?」に対しお答えしています。