消費者金融についてよくある質問にお答えします

コンビニATMは使える?

ほぼ全店のコンビニが消費者金融の提携ATMになっています。

 

出金するのも、入金するのも自由。
ただし、ローソンのATMのように1回の操作時に出し入れできる金額が20万円まで、などとされているATMもありますので、下にある「ATM手数料について」で触れているようなことにならないよう、注意が必要です。

 

コンビニで返済をするときですが、実は提携手数料を取られないウラ技が2種類存在します。

 

ひとつは、コンビニATMを使っても手数料が発生しないネット銀行などの口座を消費者金融に登録しておいて、コンビニから銀行に入金。その後、入金が確認できたら消費者金融のホームページからインターネット返済の手続きを取って返済をする方法。
この形を取れば、入金時はもちろん無料ですし、インターネット返済で消費者金融が利用者の銀行口座からお金を引き落とす際の手数料も無料です。

 

そして、もうひとつがコンビニのマルチメディア情報端末を使うこと。ファミリマートにあるFamiportとローソンのLoppi経由で返済を行うと、偏差金を支払うのがレジになりますが、手数料は一切かかりません。これは消費者金融側がATMを利用するだけでなく、コンビニの情報端末までを使った資金の回収業務に踏み出していること、お金の流通経路の多重化を目指していることを表します。
マルチメディア端末からはバーコード付きの伝票が打ち出され、それをレジで読み取り、店員がレジチェックするのですから、公共料金の支払いと同じことができるのだと思えばいいでしょう。バーコードの読み取りを行うのですから、資金返済の口座への反映もアリルタイムです。

 

以上のようなことを理解しておけば、コンビニで資金を返済してまた借り入れて、などとやって数百円の手数料を取られるなどということが無くなるはずです。コンビニからねっと銀行への入金+インターネット返済、あるいはマルチメディア情報端末を使っての返済で、再度借り入れるにしても振込融資を利用すれば、借り入れる際にも一切の手数料が発生しなくなります。

 

知っているのに、面倒くさがってそういったことを回避していたら、いつまで経っても無駄遣い体質が無くなっていないのだと理解するには十分ですよね。
※マルチメディア情報端末を使った返済は、実行可能な業者と不可能な業者があるので事前に確認のこと。

関連コンテンツ

パート、アルバイトでも借りれる?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「パート、アルバイトでも借りれる?」に対しお答えしています。
申し込みから融資までの期間はどれくらい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「申し込みから融資までの期間はどれくらい?」に対しお答えしています。
お得な業者とかありますか?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「大手キャッシングでお得な借り先って、あるの?」に対しお答えしています。
高額なら銀行系がいい?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「より多くの金額を借りるには、やはり銀行系?」に対しお答えしています。
最低年率で融資を受けられる?
消費者金融でお金を借りたい方向けに、「最低年率で融資を受けられる?」に対しお答えしています。