無利息期間とは? そのメリットとは?

無利息期間で定められた期間内は一切利息が付かないサービスです。
たとえば30日間無利息であれば、借入日から30日後に一括返済したとしても、借入額分だけ返済すれば完済になります。30日以内に一部を返済するとなれば、その返済した額が全て元本に充当されます。

 

常時、このサービスを取り入れているのはレイク、プロミス、ノーローンを提供しているシンキ。レイク、プロミスが30日間の、ノーローンが7日間の無利息期間になります。

 

このうち、レイク、プロミスの場合は「初めての利用の場合」と条件が付き、プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録があれば対象です。
レイクは「30日間無利息」または「5万円まで180日まで無利息」のどちらかが選べます。

 

ただ勘違いしていけない点が2点。まず1点目が無利息期間には「借りた日」と「返した日」が含まれるということ25日が給料日でカレンダーを見たら18日。そこで18日に借り入れをするとノーローンでは1日分の利息が付いてしまいます。完全に無利息にするためには借りた日、返した日をキチンと計算に入れて無利息期間内に返済しなければなりません。
もう1点がレイク、プロミスの無利息期間サービスを受けると、無利息期間中に最低1回は返済日が来ます。そこで何もしないと返済未実行になり、無利息期間どころか翌日から無利息期間が無くなり遅延返済金まで取られますので要注意なのです。

 

無利息期間中に返済した最低返済金額以上のお金は、全て元本に充当されます。したがって、そのまま再度借り入れ可能であり、借り入れの必要がないなら事実上何も支払わないで元本が減ったわけですから、有利子で借りたお金がより少ない金額であったと理解することもできるでしょう。

 

ノーローンは何度でも返済から月をまたいだ借り入れの場合は7日間の無利息期間が適用されます。断った7日間と侮ってはいけません。19日に借り入れれば25日の給料日に一括返済できるような人は、利子無しで毎月お金を借りられます。給料の一部を前倒しで受け取れるシステムを自分は手に入れたと理解しながら、ノーローンを利用していくこともできるわけです。

  • 2012/10/12 16:32:12