審査時間について

大手の消費者金融の場合、無人受付機、インターネットからの申し込みでだいたい10分から1時間程度かかると言われています
審査の際には、いろいろな項目を業者側がチェックする必要があるからです。

 

実際の審査の手続きとして、インターネットから、申込書と本人確認書類の提出→個人信用情報機関の金融事故情報などとの照らし合わせ→申込者の現在の借入額の確認→本人自己申告年収からその3分の1の額を算出→借入金がある場合、どの程度の年収で、法律上は後いくら貸し出せるのかを算出→本人確認→在職確認→これまでのノウハウから貸倒にならない額を算出、融資仮決定→契約者に連絡となります。

 

この途中、本人確認と在職確認を後回しにして仮決定を先に行い、本審査を行う業者もあり、仮決定を行う業者の連絡の方が早くなります。

 

この仮決定が3秒という短時間で可能としているのがアコム、プロミス、そしてモビットが10秒です(10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります)。あくまで最低限の情報で融資可能かどうか仮の診断をするというもの。ネット上のシステムですので、本審査の結果とは異なる場合ももちろんあります。

 

 

大手の消費者金融なら、以上の3社ほど早くはありませんが10分程度の遅れで審査結果の通知が来るのを期待できるでしょう。

 

審査のスピードが早い業者は、利用者数が多かったり、実際に他の金融関連事業を行ったりしていることによって、審査のノウハウや経験も豊富に蓄積されているからになります。

 

実際に記入、入力する融資申込書の内容や、勤務先への在籍確認がスムーズにいかない場合、審査の時間も長くなると思っていいでしょう。
例えば、ウソの情報を書いたり、間違った内容を記入していたりすると、その確認、修正などでさらに審査時間が長くなることになります。

 

申込書は落ち着いて、正確な情報を入力するようにしましょう。
それが審査時間を短縮することにもつながります。

  • 2012/10/12 16:32:12