銀行から借金をする方法!低金利の銀行カードローンでトクしちゃおう

bankcardloan

給料日まで少し足りないお金を借金したいけど、銀行で借金するのはハードルが高そうと躊躇していませんか?

銀行では、住宅ローンやマイカーローンなどの「目的ローン」でしか、お金を借りられないというイメージがありますよね。しかし、銀行でも消費者金融と同じように、手軽に利用できる「銀行カードローン」の商品が用意されています。

この記事では、銀行から借金をする方法を詳しく解説します!

銀行で借金はできるの?銀行から借金をする方法

結論から言うと、一般の消費者でも銀行から借金をするのは決して難しくありません。

通常、借金をしようと考えると消費者金融が第一候補となり、銀行からの借金は難しそうなイメージがあります。

ただし、不景気の続く近年、大口の法人融資需要の冷え込みから、個人向けの「フリーローン」に力を入れている銀行も多くなっています。

銀行のフリーローンは、

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 学費ローン

などの「目的ローン」とは違い、借りたお金の使い道を自由に決められます。ですので、銀行から借金をしたい方は銀行のフリーローンを利用すれば、手軽にお金を借りられますね。

銀行のフリーローンでは、すでにお使いのキャッシュカードを利用した「銀行カードローン」も用意されていますので、いつも使っている銀行ATMで借金をすることも可能です。

足りないお金を借りたいけど、消費者金融での借金には不安があるという方は、信頼できる銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

銀行の借金と消費者金融の借金はどう違う?

銀行からの借金と消費者金融からの借金を比較して、最大の違いとなってくるのが「金利」の違いです。

銀行・消費者金融を問わず、借金を返済する際には、借入をした元本に加えて利息を支払わなければなりません。利息は借入元本・借入期間・金利によって決定されますので、金利が安いほど支払い利息が少なくなってきます。

消費者金融と比較すると、銀行からの借金のほうが金利が安くなる傾向が多く、借金返済の負担を軽減できます。

銀行と消費者金融の平均的な金利を比較すると、以下のとおりです。

  • 銀行カードローン:15.0%
  • 消費者金融系カードローン:18.0%

このように、銀行カードローンのほうが平均して3%程度安い金利で借金をすることができます。

3%の金利の違いで100万円を借入し5年間(60か月)で返済する場合、最終的な支払い利息にどの程度の差が出るのかを比較してみましょう。

支払い利息
銀行カードローン(15.0%) 427,378円
消費者金融カードローン(18.0%) 523,573円
利息の差 96,195円

このようにわずか3%の金利の差でも、完済時の支払い利息は10万円弱の差が出てしまいます。

支払い利息の違いは最終的な負担だけではなく月々の支払い金額の軽減にも繋がりますので、余裕を持った返済計画を立てやすいのもメリットのひとつです。

ですので、できるだけお得に借金をしたい方は金利の安いカードローンを選択するようにしましょう。

銀行は総量規制の対象外

銀行と消費者金融での借金を比較すると、金利の安さだけではなく借入限度額も銀行からの借金のほうが高い傾向があります。

消費者金融で借金をする場合「貸金業法」の規制の対象ですので、年収の3分の1以上の借入を原則として禁止する「総量規制」が適用されます。

例えば、年収が300万円の方の場合、消費者金融では最高100万円までしか借りられません。

銀行からの借金は「銀行法」が適用されますので総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超える金額でも借入可能です。

ですので、すでに複数の会社から借金をしている方の「おまとめローン」でも、銀行カードローンなら借りやすいですね。

ただし、申込時の他社からの借入金額が多い方の場合、審査通過が難しくなってしまうケースも少なくありませんので注意が必要です。

bankcardloan2

銀行での借金は審査が厳しい?

ここまで読んで、銀行から借金をしたくなったけど、やはり審査に通過できるか心配という方も少なくないでしょう。

一般的には、消費者金融系のカードローンと比べると、銀行カードローンのほうが審査は厳しいと言われているのが事実です。

ただし、近年では銀行でも個人向けのフリーローンを積極的に募集している傾向があり、初めての借金でも審査に通過しやすくなっています。

とくに、収入のない専業主婦は消費者金融は申込不可となっていますが、銀行カードローンならご主人の収入を世帯収入として審査に通過できる可能性もあります。

また、ネットバンク系の銀行カードローンなら消費者金融と同様にオンラインでの申し込みのみで即日審査結果を知ることも可能です。

審査基準が厳しいイメージから銀行からの借金を躊躇している方も、手軽に銀行カードローンを申し込みしてみてはいかがでしょう。

借りやすい銀行カードローンおすすめ3選

個人の方でも、銀行のフリーローンを選択すれば、銀行から借金をすることが可能です。

とくに、ネットバンク系の銀行カードローンでは、比較的申し込みしやすくなっていますので、審査通過に自信がない方でもチャレンジしやすいですね!

ここでは、はじめての方でも借りやすいおすすめの銀行カードローンをご紹介します。

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最大800万円

ネット銀行の中でも口座開設数が多い楽天銀行では、人気の「楽天銀行カードローン」を提供しています。

楽天銀行カードローンでは、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されます。

入会・利用で、最大31,000ポイントの楽天スーパーポイントがプレゼントされる特典もありますので、楽天のサービスを利用されている方にはおすすめのカードローンです。

また、楽天銀行カードローンでは融資の用途を問いませんので、自己投資や趣味・教育資金としてなど、様々な用途で利用できるのも魅力の一つです。

楽天銀行カードローンはスマホ1台で申込が完了するので、簡単で借りやすいカードローンと言えるでしょう。

イオン銀行カードローン

実質年率 3.8%~13.8%
限度額 10万円~800万円

イオン銀行では、提携コンビニのATMで簡単にお借入・ご返済ができる「イオン銀行カードローン」がおすすめです。

イオン銀行のカードローンは、提携コンビニのATMであれば24時間365日手数料無料で利用できるので、ムダな手数料を支払うことがありません。

郵送・口座開設不要で完全WEB完結で申し込みできますので、消費者金融同様に手軽に銀行から借金をすることが可能です。

また、イオン銀行普通預金口座があれば、新規申込時1回に限り振込融資も利用できますので、急ぎでお金を借りたい方にも最適ですね。

毎月の借り入れ・返済も1,000円から利用できますので、返済の負担も少ないのが安心です。

住信SBIネット銀行カードローン

実質年率 1.59%~14.79%
限度額 最大1,200万円

住信SBIネット銀行では、コンビニ提携ATMで手数料0円で返済できる「住信SBIネット銀行カードローン」がおすすめです。

住信SBIネット銀行のカードローンは、住信SBIネット銀行の口座をお持ちであれば、新規でカードローン専用のカードを発行することなく、お手持ちのキャッシュカードで利用することができます。

また、毎月の返済に加えて1円から随時返済することができるので、余裕のある時に自分のペースで返済できます。

借り入れ手続きもネットで完了することができるので、住信SBIネット銀行ご利用の方は手軽に利用できますね!

bankcardloan3

個人でも手軽に銀行から借金できる!低金利でムダなくお金を借りよう

ハードルが高く感じてしまう銀行からの借金ですが、銀行フリーローンを利用すれば個人の方でも銀行からの借金は簡単です。

消費者金融系のカードローンと比べても、銀行カードローンは金利も安く借入限度額が多いのがメリットです。

銀行カードローンでは、審査が厳しいのではと心配している方も多いかも知れませんが、初めてカードローンを申し込みする方ならそれほど高い難易度ではありません。

借金を考えている方は、低金利でムダなく借りられる銀行カードローンを検討しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加