クレカのキャッシングはすぐにお金が欲しい時の救世主

caching

家賃の支払いが足りない、公共料金の引き落としができない、などなど誰でもお金のピンチに陥ったことがあるはず。そんな時、役に立つのがクレカのキャッシング枠です。

本記事ではクレカのキャッシング枠の使い方、返済方法、そしてクレカでキャッシングするデメリットとその解消法について解説します。

クレカのキャッシング枠を使う前に目を通しておいてくださいね。

クレカのキャッシングでお金を借りられる

お金を借りるといえばカードローン等を想定する方が多いですが、実は手持ちのクレカでお金を借りることができます。それがクレカのキャッシングです。

一般的なクレカにはショッピング枠とキャッシング枠があります。ショッピング枠とは、お買い物に使える枠です。日頃のお買い物の時に使います。それに対してキャッシング枠は「お金を借りられる枠」です。

キャッシング枠付きのクレカがあれば、ほぼ即日お金を借りることができます。

とっても簡単!クレカのキャッシング方法

クレカのキャッシングは非常に簡単。今すぐお金を借りたい方向けにクレカでキャッシングする方法をレクチャーします。

クレカを持ってコンビニ等のATMへ

各クレカ会社が提携しているATMでキャッシング可能です。

  • アメリカン・エキスプレス
  • イオンカード
  • モビット
  • オリコ
  • JACCS
  • JCB
  • SAISONCARD
  • DC CARD
  • 楽天カード
  • ライフカード

上記のカード会社などがありますが、これ以外にもNICOSカードやアプラスカード、コスモザカードなどが利用可能となっています。

クレカの提携ATMに到着したら、クレカをATMに挿入して希望金額を入力すれば、その場で現金を入手できます。

クレカにキャッシング枠がついているかどうかわからない場合

クレカのキャッシング枠はカード契約時につけるかどうかを決定しますので、ついているかどうかわからないという方もいらっしゃいますよね。

キャッシング枠の有無がわからない方が、調べる方法は以下の4パターンです。

  • 契約時の郵送物を確認する
  • 公式ホームページのマイページ等で確認する
  • カスタマーセンターに電話をして確認する
  • ATMにとりあえず挿入して確認する

契約時の書類を保管している方は、そこを見ればキャッシング枠の有無と限度額がわかります。紛失している方は、アプリや公式サイトから契約情報を確認可能です。

ログイン方法がわからない、サイトがない場合は電話で問い合わせてみましょう。電話が面倒であれば、ATMにクレカを入れてみて確認することも可能です。キャッシング枠がついていれば、キャッシングが可能ですし、ついていなければ「お取り扱いできません」などと表示されます。

クレカにキャッシング枠がついていない場合の対処法

クレカのキャッシング枠は、あらかじめ申し込んでおく必要があります。申し込み時にキャッシング枠を「0円」にしていれば、即日キャッシングは不可能です。

その場合は、クレカ会社にキャッシング枠をつけたい旨を申請しなければなりません。申請方法は以下の2通りです。

  • 公式サイトからの申請
  • 電話での申請

どの方法でも、審査には最低1日以上かかります。

どうしても当日もしくは翌日にお金が必要であれば、クレカキャッシング枠の申請ではなく「カードローン」を申し込みましょう。消費者金融系のカードローンであれば、午後であっても即日融資が可能です。

caching2

クレカキャッシングの返済方法

クレカでキャッシングしたら、毎月のショッピング利用分とともに返済しなければなりません。返済方法は以下の3種類です。

  • 口座引き落とし
  • ATMでの入金
  • 振込で返済

クレカの利用料金を、口座引き落としにしている方は手続きは必要なく、毎月の最低返済額が、自動的に口座から引き通されます。口座引き落とし以上に返済したい方、一括返済したい方はATMや振込でも返済可能です。

ただし、振込返済はクレカ会社に、電話等で振込先や振込名義人の入力方法などを確認する必要があります。

クレカキャッシングの3つのデメリットと解消法

クレカでのキャッシングは便利なようですがデメリットも存在します。ATMに向かう前に、デメリットをきちんと把握しておきましょう。

デメリット1:キャッシングするとショッピング枠が減る!

クレカは、契約時に「ショッピング枠」や「キャッシング枠」が明確に設定されています。「ショッピング枠50万円・キャッシング枠30万円」という感じです。これだけ見ると合計80万円使えるのかなと思いますが、実はショッピング枠にキャッシング枠が内包されています。

つまり、キャッシングを30万円してしまうとショッピング枠は20万円しかなくなってしまうのです。現金を手に入れたいがためにキャッシング枠をフルで使ってしまうとショッピング枠がなくなってしまい、日頃の買い物ができなくなる可能性があります。

常にクレカのショッピング枠で支払いを回していた方は要注意です。

デメリット2:キャッシング枠はそれほど高額ではない

クレカのキャッシング枠はほとんどのケースで、それほど高額でありません。20万円から50万円という方が多く、まとまったお金が必要になった場合は非常に心もとないもの。旅行代金や車の修理代などで現金が必要な場合は、役に立たないといってもよいでしょう。

そもそも、クレカのキャッシング枠がついていない方はキャッシング枠0円で、すぐに借りることができません。慌ててつけようと思っても審査に数日かかりますので、即日借りることは不可能です。

デメリット3:使い勝手が悪い

クレカのキャッシング枠は付加機能的立ち位置のため、キャッシングとしては使い勝手が悪いものが少なくありません。キャッシング専門のカードであれば、簡単な手続きで深夜の振込キャッシングが可能になる会社もあります。

しかし、クレカのキャッシングは、クレカがメインですので、それほど「借りること」に注力しておらず、深夜の振込キャッシングに対応している会社はほとんどありません。

時間と場所を問わず、キャッシングをしたい方は避けたほうがいいかもしれません。

使いやすさなら消費者金融系のカードローンへ

「当日お金が欲しいのに、キャッシング枠がついていない」

「キャッシング枠が少なすぎて役に立たない」

「ショッピング枠が減るのは困る」

「しょっちゅう使うから日常の使いやすさを優先したい」

こんな方は、クレカ枠のキャッシング枠ではなく消費者金融系のカードローンを検討しましょう。

消費者金融系のカードローンはほとんどが、即日融資が可能です。安定した収入があればまとまった金額を借り入れることができます。他社から借り入れがなく1社への希望限度額が50万円以下であれば以下の書類さえあれば、申し込みできます。

  • 本人確認書類

「初めてのキャッシングで限度額は30万円」であれば、運転免許証やパスポートがあれば申し込み可能で、当日中にキャッシングできます。

今後の使い勝手を考えたらクレカのキャッシング枠ではなく、カードローンを契約しておくほうが安心です。クレカのキャッシング枠をめいっぱい使った後でカードローンに申し込むと限度額が小さくなってしまう可能性が高いですが、使っていない状態で申し込めばカードローンでまとまった金額を借りられます。

キャッシング枠は使わずにとっておけば、後々のさらなるピンチの時に必ず役に立つはずです。

caching3

まとめ

クレカのキャッシング枠は、今すぐお金が欲しいという時に便利です。でも、実はカードローンを契約したほうが使い勝手がよく、のちのちのお金のピンチに対応可能です。

クレカのキャッシング枠を使うとショッピング枠が減ってしまい家賃等の引き落としができなくなってしまう可能性もあるので、キャッシング枠とショッピング枠の限度額をきちんと確認しておきましょう。

すぐにお金が欲しいという方は、クレカのキャッシングではなく、即日融資が可能なカードローンを使うとよいですね。