クレジットカードのキャッシング機能って何?キャッシングの基礎知識

creditcardcaching

現金を使わずにお買い物ができるクレジットカードは、持っておくと何かと便利!そしてこのクレジットカードでできることはお買い物だけではありません。キャッシング機能を利用して手軽にお金を借りることだって可能なのです。

というわけで、今回はクレジットカードに付帯するキャッシング機能についてお話していきたいと思います。キャッシングとはどのようなサービスなのかを理解し、必要なときにスムーズに利用できるようにしておきましょう!

キャッシング機能とは一体何?

クレジットカードのキャッシング機能とは、カードを利用してカード会社からお金を借りることを意味します。あくまでクレジットカードはなにかものを買う、サービスを受けるときの支払いとして現金の代わりに使うことができますが、キャッシングはお金が手に入るサービスです。

その場では現金で支払いをする必要がないとはいえ、そこで利用した金額は「次のカード利用額お支払日」に請求されるので、「後払い」の形で支払いをすることになります。キャッシング機能もこれと基本的には同じです。

お買い物時の利用と違う部分は、何かの商品を購入するためではなく、単純に現金そのものを先に受け取れる点にあります。

キャッシング利用には金利手数料がかかる

キャッシング機能を利用して現金を引き出すというのは、その分を「前借り」するのと同じことであり、その金額に利息をプラスして返済しなければならないため、この点がショッピング利用との違いとなります。

というのも、ショッピング利用の場合は、一括払いであればまず金利手数料がかかることはありません。つまり1万円の品物を購入したのであれば、そのまま1万円を返済すればいいので金利手数料はかかりません。

一方、キャッシング利用においては金利手数料がかかります。ショッピング利用のように一括返済であれば金利がかからないというわけではありませんので、この点には十分気を付けなければなりません。この金利手数料はカード会社によって異なり、キャッシング利用の際には金利がいくらかかるのかを計算してから利用するのが賢明です。

金利〇%ってどういうこと?結局いくら金利がかかるの?

クレジットカードでキャッシング利用する際には、金利手数料について正しく理解しておくことが大切です。ほとんどのクレジットカード会社で設定されている平均的な金利手数料は18%。ですがこの18%をどう計算すれば、実際に返済するときの利息分を知ることができるのでしょうか。

ここで金利手数料の計算方法をお伝えしておきましょう。金利手数料として書かれている〇%という数字は、「1年間お金を借りた場合にかかる金利」を意味しています。ですので、1年間で返済する場合の金利の計算方法は下記のようになります。

20万円を金利手数料18%で借りる場合→20万円×18%→36,000円の利息がかかる

ですが、この20万円をたとえば1カ月で返済する場合には下記のようになります。

20万円×18%÷365日×30日→2,959円

つまり、年間でかかる利息を365日で割ることで1日あたりの利息が計算でき、それを日数分掛けることで日数ごとの金利手数料がいくらになるかが算出できるというわけです。

当たり前のことではありますが、早く返済すればするほど金利手数料は少なくて済みます。

creditcardcaching2

キャッシング機能はどのクレジットカードに付帯しているの?

クレジットカードによって利用できる機能がさまざまではありますが、キャッシング機能は基本的にはじめからほとんどのクレジットカードに備わっていることが多いです。

お手持ちのクレジットカードの規約を読み返してみてください。ほとんどの場合、キャッシング機能は利用できるようになっていることでしょう。クレジットカードを新たに作成する場合、キャッシングで利用できる金額を好きに設定できることが多いです。

中には、キャッシングの限度額を0円に設定することができるケースもあり、そうすることでキャッシング機能が使えないクレジットカードを意図的に作ることも可能です。

キャッシング機能の限度額「キャッシング枠」とは

全てのクレジットカードには限度額があります。「ショッピング枠」と「キャッシング枠」それぞれに限度額が決められていて、その金額を超える利用はできないようになっています。

キャッシング枠が30万円の場合、キャッシングでお金を借りる場合は30万円を超えない金額しか利用することができません。例えば最初に10万円借りて次にまた10万円を借りて、というように継続して利用する場合は、返済状況によって今借り入れ可能な金額が変わってきます。

この場合、次に15万円を借りようとするとトータルの借入金額が35万円になってしまうため、借り入れは不可能になります。ですが、すでに返済が進んでいる場合はその時点での借入金額の合計が30万円を越えなければ借り入れることが可能になります。

キャッシング枠自体は初期設定が10万円であっても、翌年になると20万円に自動的に引き上げられることがあります。また、10万円のキャッシング枠を20万円や30万円に増額したい場合は、その旨をカード会社に依頼することで増額が可能なケースもあります。

増額を申請する場合は、それまでのあなたのクレジットカード利用状況でャッシング枠を増額できるか否かの審査がなされ、審査にパスすると増額が決定します。返済が数回にわたり滞っていたことがあると、この審査に影響してくることがあり増額審査に落ちてしまうことも十分にあり得ます。

クレジットカードのキャッシングはどうやって利用するの?

キャッシングの利用をしたい場合、借り入れ方法は主に2つです。

ひとつはATMで借り入れる方法、もうひとつはオンラインで申し込み銀行口座に直接振り込んでもらう方法です。それぞれの方法を細かく見てみましょう。

方法1:ATM利用

こちらがより一般的な利用方法にはなりますが、コンビニATMやクレジットカード会社の専用ATMから手軽にキャッシング利用することが可能です。

ATMにてクレジットカードを挿入し、「お借入れ」もしくは「お引き出し」を選択することで、簡単にキャッシング機能を利用して現金を手にすることができます。

利用時間に制限がある場合は多いですが、ものすごく手軽に利用ができるため「カードで借金をしている」認識があまり感じられず、くせになってしまう人が多いのも事実です。

方法2:オンライン利用

オンラインでのキャッシング利用も可能です。

クレジットカードには、それぞれクレジットカード会社ごとに専用ウェブサイトがあり、ネット上でさまざまな操作ができるようになっています。クレジットカードを作成するタイミングで、オンラインサービスにも登録しておくといつでも利用状況が確認できたり、支払い方法を変更したりすることができてとても便利です。

オンラインでキャッシング利用をする場合は、サイトのメニューから「キャッシング」を選択し、そこから借入金額を入力する画面へと進んでいきましょう。早ければ即日、もしくは翌日には自分の銀行口座に指定した金額が振り込まれています。こちらもとても便利ですね。

creditcardcaching3

キャッシング利用後は早めに返済するに限る

冒頭にもお伝えした通り、キャッシング利用は「借金」と同じです。借金には利息が伴い、長く借りていればその分余計に支払う金利手数料は増えていきます。このことを考慮すると、いかに早めに返済するのが大事かは皆さんもきっとお分かりだと思います。

クレジットカードのキャッシング利用における金利手数料は決してお安くはありません。長い期間をかけなければ返済できないような大きな金額を借入する際には慎重に判断する必要があります。

というのも、クレジットカードのキャッシング機能以外にも、現金を借りることができるサービスはあるからです。

消費者金融もそのひとつ。案外条件によっては消費者金融の方が、キャッシングよりもお得な条件で借り入れができるケースもあります。

どちらかと言えばクレジットカードでのキャッシング利用は、少額利用でかつ、短期間で返済できる場合におすすめのサービスです。借り入れの際は、早めの返済を心がけて少しでも無駄を省きましょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシング利用についての基礎知識、少しでも皆さんのお役に立てたなら幸いです。

キャッシングはとても便利な機能である一方、金利手数料がかかる点など注意しなければならないこともあります。ご利用の際には、サービス内容をしっかりと理解して、賢く使っていきたいものですね!

まさに「ご利用は計画的に!」これに限ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加