カードローンとは?どこもよりもわかりやすいカードローン解説

aboutcardloan

「お金が足りなくなったらカードローン」という認識はあるものの、実際のところカードローンについて詳しく知らない方が多いと思います。

そこで、今回はカードローンについてわかりやすく説明したいと思います。カードローンと似ているキャッシングやフリーローンなどの違い、カードローンの書類についても説明しますので、カードローンについて知りたい方は是非参考にしてください。

カードローンってなに?どんなローンがカードローンなの?

カードローンとは、簡単に言えば「カードが発行されて限度額の範囲内で自由自在に借りたり返済したりできるローン」のことです。

最近は、ペーパーレス、ウェブ完結型を売りにしている金融機関や消費者金融もありますのでカードが発行されないこともありますが、基本はカードが発行されます。

カードローンのカードと、ローン会社が提供するATM、もしくは提携のコンビニATMがあれば、いつでもお金を借りることができます。

例えば「借入限度額100万円」と設定されたカードローンであれば、100万円の範囲内であれば好きな金額を借りることができます。いきなり100万円借りてもオッケーですし、必要な時だけ借りることも可能。

返済金額は、金融機関が定めている最低返済額をクリアしていればいくらでも構いません。最低返済額は借入残高によって決められており、たくさん借りていれば返済額も大きくなりますし、少額であれば返済額も少なくなります。50万円借りた場合の毎月の返済額は1万3,000円から1万5,000円と、負担なく返済できます。

もちろん、お金に余裕があればそれ以上の金額を返済しても構いません。毎月金欠気味、という方にとってはとっても使い勝手がいいローンと言えますね。

カードローンの特徴をまとめておきます。

  • カードが発行されてカードで借りるローン
  • 契約時に定めた借入上限額の範囲内であれば何度でも借入可能
  • 最低返済額をクリアしていれば返済金額は自由

カードローンに似ているけど違うローンたち

金融機関等のホームページを見ていると、カードローンに似たローンが存在します。フリーローンやキャッシングです。それらとカードローンの違いは一体何でしょうか?

それらのローンとカードローンの違いについてわかりやすく説明していきますね。

フリーローンとカードローンの違い

銀行や消費者金融などで「フリーローン」という言葉を見かけます。これは、フリーという名が示すように自由なローンでカードローンと同じように使えると思ってしまいますが、実は異なります。

中には似たような意味合いで使っている金融機関等もありますが、実際はフリーローンとは、「契約時に決めた融資金額を初回に融資するもの」です。フリーローンのフリーとは、使う目的がフリーという意味で、借り方がフリーというわけではありません。

契約時に「融資金額は50万円」と定めていれば、初回に50万円が振り込まれます。その後追加でお金が必要になったら、再度新規で申し込みの手続きをしなければなりません。「ちょっとお金が足りないから」と気軽に借りられないのです。

カードローンは、借入限度額の範囲内であれば何度でも借りられますので、そこが大きな違いですね。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは、本来は違う意味でしたが、今はほとんど同じ意味です。昔は、借りた金額を一括で返済するものをキャッシングと呼んだり、クレジットカードで借りることをキャッシングと呼んだりしましたが、現在キャッシングはカードローンとほぼ同じ意味になっています。

カードローン=キャッシングと思ってよいでしょう。

aboutcardloan2

カードローンはどこで借りられるの?カードローンの借り方は?

では次に、カードローンを借りられる業者やカードローンの借り方を説明しますね。カードローンを利用したい方はぜひ読みすすめてください。

カードローンは銀行や信用金庫、農協や消費者金融で契約可能

現在、カードローンは様々な金融機関や消費者金融で取り扱われています。誰でも知っているみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクや地方の銀行や信用金庫、多くの方が利用するインターネット系銀行でもカードローンを売り出しています。

また、消費者金融や信販会社などもカードローンを取り扱っていますので、「金融機関ならどこでも借りられる」と思ってよいでしょう。

ただし、取り扱っている金融機関や業者によって、金利や審査の甘さなどが異なりますので注意が必要です。

カードローンの選び方!審査の厳格さ、融資所要時間と金利から選択

まずは各金融機関・業者のカードローンの違いを確認してみましょう。

  • 銀行系カードローンは金利が低い
  • 消費者金融系カードローンは比較的金利が高い
  • 銀行系カードローンの審査は即日は不可能
  • 消費者金融系カードローンは即日審査・即日融資が可能
  • 銀行系カードローンは審査が厳しい
  • 消費者金融系カードローンは審査が比較的ゆるい

銀行などの一般的に「お堅い」と思われている金融機関のカードローンは金利が低めです。それに対して消費者金融のカードローンの金利は高め。といっても50万円未満を借りる場合の金利差は3%前後なのでそれほどの差はないと言えます。

それよりも多くの方が重視するのが「審査や融資の即日性」です。銀行のカードローンは警察への照会が必要なため、即日審査・即日融資はほぼ不可能です。

それに対して消費者金融系のカードローンは、申し込んだその日に審査と融資を完了させることができます。

また、審査の厳格さも重要な要素。銀行などのカードローンは、金利が低い分審査が厳しく、勤務先の規模が小さい方、勤続年数が短い方は借りられない可能性があります。

しかし、消費者金融のカードローンは間口を広く設けていますので、属性に自信がない方、他の消費者金融のカードローンを借りている方でも条件を満たせば借りられることが少なくありません。

カードローンの借り方とは

カードローンの借り方は実はとっても簡単です。初めて借りる方であれば、用意するのは「本人確認書類」だけ。借入金額が50万円を超える場合や、すでに他の消費者金融等からの借り入れがあり借り入れ合計金額が100万円を超える場合は、「収入証明書類」も必要になります。

代表的な本人確認書類はこちら。

  • 有効期限内の運転免許証
  • 有効期限内のパスポート
  • 健康保険証

これらの書類さえ用意できればお金を借りられるなんて、拍子抜けですよね。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なっている場合は、公共料金の請求書や領収書などが必要になります。追加書類の種類は各金融機関によって異なりますので、各社のホームページで確認しておきましょう。

本人確認書類を用意できれば、ほぼ申し込みが完了したと言ってもいいほど後の手続きは簡単です。各金融機関や業者のホームページから、申し込みフォームに必要事項を記載するだけ。

だいたい以下のような情報を入力しますので、あらかじめ把握しておくとよいですよ。

  • 氏名・生年月日・現住所
  • 持ち家か賃貸か
  • 勤務先の規模、連絡先
  • 前年度の年収(自営業の場合は所得)
  • 他社からの借り入れ金額と件数
  • 同居の家族の有無

ご自身に関することは把握していても勤務先の情報はよくわからないという方が多いので、調べておいてくださいね。

これさえ記載すれば、申込者が行う手続きはほぼありません。あとは金融機関等が手続きを進めるだけです。

審査が完了したら、カードが発行されて無事にカードローンを利用できます。カードは、郵送で送付してもらうことも、自動契約機で発行することも可能。

消費者金融であれば、郵送でカードを発送している間に銀行振込でお金を借りることもできますので、カードの発行を待つことなくお金を借りられます。

aboutcardloan3

まとめ

カードローンとは、「契約限度額の範囲内で何度も好きにお金を借りたり返したりすることができるローン」のことでした。

初回に決めた限度額の範囲内であれば自由自在に使えるので、各種ローンの中では使い勝手は最高と言えます。自由度が高いローンを組みたい方は、カードローンを使うといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加