カードローンは低金利で選べ!低金利カードローンのおすすめランキング

lowinterestratecard

これからカードローンでお金を借りたい方は、できるだけ低金利で借りられるカードローンを選びたいですよね。

しかし、カードローンは低金利で借りたほうが良いイメージはあれど、具体的にどのようなポイントで比べれば良いか迷っていませんか?

低金利でカードローンを選ぶ際には、知っておかなければならないいくつかのポイントがあります。

この記事を最後まで読めば、カードローンをできるだけ低金利で借りられる知識が身に付きます!

低金利のカードローンを選べば驚くほどお得になる

低金利のカードローンを選べば、最終的に支払う利息が安くなり、支払いの負担を軽減できます。

カードローンの利息は、

  • 借入残元金
  • 金利
  • 借入日数

の3つの要素から、日数ベースで計算されます。

たとえば、100万円を金利18%のカードローンで借り入れした際の、1か月間(30日)の利息の計算式は以下のとおりです。

100万円(お借入残元金)×18%(金利)÷365(日割)×30日(お借入日数)=14,795円(1か月分の利息)

借入金額に金利を乗じて計算するので、金利が安ければ安いほど支払う利息も安くなりますね。

それでは、具体的に100万円を5年間(60か月)借り入れする場合、金利18%と10%のカードローンでどの程度支払い利息に差が出るかを計算してみましょう。

金利 18.0% 10.0%
毎月の返済金額 25,393円 21,247円
返済総額 1,523,573円 1,274,781円
利息 523,573円 274,781円

※元利定額返済方式での返済シミュレーション

このように、金利10%のカードローンの方が、金利18%よりも248,792円安い金利でお金を借りられます。実際に計算してみると、低金利のカードローンを選ぶ必要性を実感できますね。

低金利のカードローンを比較するポイント

カードローンの金利を比較する際には、各カードローンの「実質年率」を比較しなければなりません。

実質年率とは、金利に各種手数料が加算された実際に支払う利率となっており、すべてのカードローンで実質年率が表記されています。

カードローンの金利は「4.5%~17.8%」のように、下限金利~上限金利での表記です。

普通に考えると、下限金利が安い方がお得なのでは?と思ってしまいますが、初回・少額の借り入れの場合は上限金利が適用されるケースが多くなっています。

ですので、カードローンを金利で比較する際には、上限金利で比較するのがベターです。

lowinterestratecard 2

限度額が大きくなるほど低金利になる

一般的には、カードローンでは限度額が大きくなるほど低金利で借りられます。

アコムを例に、借入限度額と適用金利を確認してみましょう。

1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

このように、100万円以上の借り入れの場合、上限金利が3%低くなっています。

ですので、少額で複数の会社から借り入れをするよりも1社で高額の限度額を借り入れした方が低金利になる可能性が高くなりますね。

銀行カードローンのほうが低金利で借りられる

一般的には、銀行カードローンを選択した方が、低金利でお金を借りられます。

ひとくちにカードローンと言っても、大きく分けて「消費者金融系カードローン」「銀行カードローン」の2種類があります。

2種類のカードローンの平均的な金利で比較すると、

  • 消費者金融系カードローン:18%前後
  • 銀行カードローン:14%前後

このように、銀行カードローンの方が、4%前後低金利となっています。

銀行カードローンでは上限金利が14%~15%というケースが多くなっていますので、少額の借り入れでも低金利が適用される可能性が高いですね。

銀行カードローンのデメリット

ただし、銀行カードローンは消費者金融系カードローンと比べて審査が厳しくなっています。

また、消費者金融系カードローンのように即日融資はできませんので、急ぎでお金を借りたい方には不向きと言って良いでしょう。

手軽にお金を借りたい方は若干金利の面では不利になりますが、消費者金融系カードローンのほうがおすすめです。

ただし銀行カードローンの低金利は魅力ですので、正社員として働き、はじめての借り入れの場合は銀行カードローンも要検討です。

30日間無理利息のカードローンを活用しよう

カードローンの中には、「30日間無利息」「1か月無利息」など、無利息期間が設けられているケースがあります。無利息期間とは、その名のとおり借り入れから一定期間の利息が免除されるサービスです。

100万円を金利18%で借りた場合、30日間無利息サービスが付いたカードローンなら、14,795円相当の利息がお得です。さらに初回の支払額が全額元金に充当されますので、返済までの総支払利息も安く抑えられます。

低金利にこだわってカードローンを選びたい場合、無利息期間の付いたカードローンを選ぶのもポイントです。

低金利でおすすめのカードローン

カードローンを選ぶ際には、できるだけ低金利で借りられる会社を選択すれば後悔することはありません。

ここでは、低金利でおすすめできるカードローンを3社ご紹介します。

lowinterestratecard 3

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで

上限金利が17.8%と、消費者金融系カードローンでもっとも低金利なのが「プロミス」です。

プロミスでは、はじめての方は30日間無利息サービスを提供していますので、給料日まで少し足りないお金を借りる際に無利息で利用することも可能です。

さらに、郵送物なしのカードレス借り入れも可能ですので、家族に知られたくない借金の場合でも安心して申し込みできます。

プロミスでははじめての契約で最大2,000円分のVISAプリペイドがもらえますので、お金を借りたのにお得になっちゃいますよ。

プロミスについてはこちら

アイフル

image.j-a-net

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで

下限金利が3.0%と低金利になっており、高額の融資を検討している方にもおすすめなのが「アイフル」です。

アイフルでは、融資限度額も最高800万円とパワフルですので、複数の借入先をアイフルにまとめることで低金利で借りられますよ。

また、アイフルでは、はじめての利用で最大30日間無利息となっていますので、利息の支払いを節約できます。

アイフルのホームページでは、融資可能かどうかの1秒診断も可能ですので、気軽に簡易審査を試してみてはいかがでしょうか。

アイフルについてはこちら

みずほ銀行カードローン

実質年率 2.0%~14.0%
限度額 800万円まで

銀行カードローンならではの低金利が魅力なのが「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローンは大手メガバンクのみずほ銀行が提供するカードローンですので、消費者金融に抵抗がある方にもおすすめです。

銀行カードローンでありながら24時間WEB完結で申込可能ですので、手軽に申し込みできるのも魅力ですね。

また、みずほ銀行のキャッシュカードでそのままカードローンを利用できますので、カードを見られて借金がバレてしまうリスクもありません。

カードローンは低金利でムダな利息の支払いを抑えよう

カードローンを選択する際には、できるだけ低金利で借りられる会社を選択した方が、利息の負担を軽減できます。

100万円を5年間で返済する場合、8%の金利の差で支払いする利息に20万円以上の差が出てしまいます。

また、無利息期間の付いたカードローンを選択すれば一定期間の利息が免除されますので、よりお得にお金を借りられますよ!

ムダな利息を支払わないためにも、カードローンは低金利で選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加