借金をまとめるならおまとめ専用ローンを選ぶべき

debtconsolidation

「もう毎月毎月あちこちに返済するのはうんざりだよ」

「返済日が把握できない!」

「毎月の返済額が高額になりすぎて無理!」

消費者金融などの借り入れやクレジットカードのリボ払い、一括払いなどの返済が膨らんでしまい毎月返済に追われるようになった方がたどり着くのが「借金をまとめたら楽になるのでは?」という結論。

確かに借金を1本化するメリットは多く、借金の返済負担は軽減できます。そこで本記事では、借金をまとめるメリットとまとめ方を解説します。

借金の返済の恐怖、苦しさから解放されたい方はぜひ最後まで読み進めてご自身にあったまとめ方を選んでくださいね。

これ以上借りる必要がないなら借金はまとめるべき

複数の消費者金融等からキャッシングしている場合、毎月の返済額が高額になり生活に困窮してしまいます。

50万円借りている場合の最低返済額は1万3,000円から1万5,000円。4社から借りていればそれだけで返済額は6万円になります。

さらにクレジットカードのリボ払いも利用していれば、返済だけで収入の大半を占めるようになってしまいます。

しかも、毎月1万3,000円程度しか返済しなければ、なかなか借金の残高は減りません。毎月押し寄せる返済日、減るお給料、減らない借金の残高。とっても苦しいですよね。

そこで真価を発揮するのがおまとめローンとよばれる借金をまとめるためのローンの存在です。

すべての借金をまとめて、それぞれを一括返済すれば返済はたった1社だけ、返済額は半分以下に抑えることもできるので毎月の返済負担が一気に軽減できます。借金をまとめるメリットがこちらです。

  • 毎月の返済額が減る
  • 1社にだけ返済すればいいので手間がかからない

現在借金の返済に追われている方にとっては、まさに理想的な状況になるのではないでしょうか。

しかし、おまとめローンで借金をまとめたあとにさらに新たに借り入れをしてしまうと、生活が完璧に破綻してしまい、残された手段は債務整理だけという状況になりかねないので「借金の返済さえどうにかなれば生活できる方」がおまとめローンを検討してくださいね。

debtconsolidation2

実は少ないおまとめ専用ローン

『借金 おまとめ』で検索すると多くの金融機関のカードローンやフリーローンがヒットすると思います。「これだけあれば、どこかが貸してくれるだろう」と思いますよね。

ところが、令和元年現在、借金をまとめることに特化している商品は非常に少なくなっています。その理由は「銀行の個人向け融資条件の厳格化」と「総量規制」です。

サイト上ではおまとめ可能と書いてあっても、おまとめ専用ではないため審査に通らないケースが少なくありません。借金をまとめる場合は、おまとめローン専用商品を選ぶ必要があります。

おまとめローン専用商品は非常に少ない

おまとめローンとは、複数の借金をまとめて返済を容易にする商品です。

今借金に苦しんでいる方にとっては非常にありがたい存在ですが、おまとめローン専用の商品は非常に少なくなっており、銀行系では2種類、消費者金融系でも3種類だけとなっています。

それ以外のキャッシングやカードローンの商品はおまとめローンに特化していないため、おまとめローンとしての使い勝手が悪い、もしくは審査に通りづらいというデメリットがあります。

おまとめ専用ローンを選ぶべき理由

インターネットで『借金 まとめる』と検索すると各金融機関のカードローンやキャッシング商品が無数にヒットしますが、その中でおまとめ専用ローンはわずかしかありません。それ以外は、フリーローンやカードローンなどをおまとめローンとして使えるというものです。

これらをおまとめ目的で申し込むことは避けるべきです。

なぜならば、まとめに特化していないため審査に通らず、「申し込みブラック状態」を生み出すだけだからです。申し込みブラックとは、申し込みしすぎて審査に通りづらくなる状況。

「今まさにおまとめしたい」と考えている方が申し込みブラックになってしまうと、本当だったら審査に通った可能性が高いおまとめローンの審査すら落ちてしまう可能性があります。

だから、自分の借り入れ件数や属性を把握して「審査に通りやすそうなおまとめローン」を選び申し込むことが大切なのです。

debtconsolidation3

では、なぜおまとめ専用商品以外の審査が通りづらいかを解説します。

銀行の個人向け融資は厳しくなっている

一時期消費者金融だけでなく、銀行も個人に向けて積極的にカードローンなどの小口融資を行っていました。その結果多重債務者が増え自己破産社が増加してしまったため銀行の個人向け融資は審査基準が厳格になり、借り入れが難しい状態になっています。

おまとめローンを借りたいと考えている方の多くは、複数の金融機関からの借り入れがあるため厳しい銀行の融資条件に合致せず審査に通りません。

総量規制対象商品ではおまとめは厳しい

総量規制とは、「収入の3分の1以上を貸し出してはならない」というルールです。消費者金融向けのルールなので、消費者金融の通常のキャッシングやカードローンをおまとめローンとして転用したい場合は各消費者金融からの借り入れの総額が年収の3分の1を超えている場合は貸してもらえません。

年収600万円の方が、消費者金融4社から50万円ずつ借りて総額200万円の借金をしている場合は、消費者金融から新たにお金を借りることができないのです。

「おまとめ専用ローン」であれば、総量規制の対象外なので、消費者金融であっても借金をまとめることが可能です。

 

最後に、借金をまとめたければおまとめ専用商品を選ぶべき理由をおさらいしておきましょう。

  • おまとめ専用ではない銀行のカードローンは審査が厳しい
  • 通常の消費者金融のキャッシングやカードローンは総量規制の対象になるのでまとめられない可能性がある

おまとめ専用商品の中でどれがベスト?あなたにあったおまとめローン

次は、実際におまとめローンの中からどれを選ぶべきかを確認していきましょう。

クレカは対象?対象外?おまとめローンの対象範囲を必ず確認

おまとめローンは、業者によって対象となる借金の範囲が異なります。さっそくそれぞれの業者が対応している、まとめられる借金の範囲を確認してみましょう。

銀行系おまとめローンの対象範囲

  • 銀行系カードローン:対象
  • 消費者金融系キャッシングやカードローン:対象
  • クレジットカードでのショッピング:対象

消費者金融系おまとめローンの対象範囲

  • 銀行系カードローン :業者によっては対象外
  • 消費者金融系キャッシングやカードローン :対象
  • クレジットカードでのショッピング:業者によっては対象外

銀行系おまとめローンはほとんどすべての借金をまとめられますが、消費者金融は業者によって銀行からの借り入れやクレジットカードの利用分はまとめられないこともあります。

キャッシングやカードローン だけでなくクレジットカード利用分もおまとめしたいと考えている方は、クレジットカードがおまとめ対象に含まれている商品を選ぶことを推奨します。

debtconsolidation4

いつまとめたい?急ぐなら消費者金融、時間があるなら銀行

おまとめローンの審査は、通常のキャッシング等よりも高額になるため審査が慎重に行われます。消費者金融系であれば最短即日で審査結果が出て融資が可能になりますが、銀行系は数日から1週間ほど時間がかかる可能性があるので注意が必要です。

返済日が迫っていて、今すぐまとめたいと焦っている方は消費者金融系を選択するといいですね。

属性が厳しい方は消費者金融系、自信ありなら銀行

近年では、銀行は個人向け融資の審査基準を厳格化しているため正社員で勤続年数が長い、ある程度の年収があるなどの属性がしっかりしている方でなければ審査に通りづらい傾向にあります。

2013年ごろから銀行のカードローン の貸出額が増加して、自己破産件数も増加しました。その状態に批判が集まったため銀行系カードローンは融資を抑制してしまい、弱者を助けるはずであるおまとめローンの審査も通りにくくなってしまったのです。正社員ではない方、勤続年数が短い方などは銀行系ではなく消費者金融系のおまとめ専用ローンを選択するとよいですよ。

しつこいようですが、「おまとめ専用ローン」を必ず選択してくださいね!おまとめ専用ローンでなければ、年収によっては総量規制の対象となってしまい、まとめられるだけのお金を借りることができなくなります。

おまとめローンの申し込み手続きと必要な書類とは

次に、多くの方が利用する消費者金融系のおまとめローンの手続き方法をご紹介しますね。

1.必要書類を用意する

消費者金融系おまとめローンを借りる際に必要な書類は以下の3つです。

  • 他社からの借り入れ金額等を確認できる書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

借金をまとめるためのローンなので、原則として借金の総額以上は借りることはできません。また、返済能力があるかどうかを確認するために収入証明書類の提出も必須です。

2.申し込む

消費者金融でおまとめ専用ローンを申し込む際は、必ず「おまとめ専用商品の申し込みページ」から申し込んでください。解説サイトによっては、おまとめローンの解説ページに貼られているリンクを踏んだのに、通常のローン商品の申し込みページにジャンプしてしまうことがあります。必ず、自分の目でおまとめ用のページであることを確認しましょう。

電話で申し込む場合は「借金をまとめたい」と最初にお話ししておきましょう。

その後の手続きは通常の借金の申し込みと変わりません。

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • 勤務先名および住所、電話番号等
  • 年収
  • 他社からの借り入れ件数および金額、金利など

これらの情報を入力、もしくは申告していくと申し込みが完了します。

3.審査完了後、消費者金融が他社に返済してくれる

おまとめローンの多くは業者から業者に直接お金が振り込まれますので、まとめるように借りたお金をうっかり使い込む心配はありません。審査にさえ通れば、手続きは簡単ですね。

debtconsolidation5

まとめ

借金をまとめたい場合は「おまとめ専用ローン」を選び、その中から審査に通りやすいものを申し込むことが大切。

申し込みすぎて申し込みブラック化してしまうと、一定期間どこからもお金を借りられなくなってしまいます。一刻も早く借金返済の悩みから解放されたい方は、各社のおまとめローンを比較して自分にあった業者を選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加