最大のメリットは金利の低さ!個人向け銀行融資の概要と種類

individual

個人がお金を借りるとき、消費者金融やクレジットカードのキャッシング機能を思い浮かべるかもしれませんが、状況によっては銀行からの融資の方が使い勝手がよいケースもあります。消費者金融系よりも金利が低く総返済額が少なくなることも。その反面、審査に時間がかかるなどのデメリットもあります。

そこで本記事では、お金を借りたいと考える個人の方に向けて個人向け銀行融資の種類や概要、メリットデメリットなどを解説します。今からお金を借りたいと考えている方は、銀行融資も選択肢に入れて、最適な金融機関を選んでくださいね。

個人向け銀行融資の種類とは

銀行の個人向け融資は様々な種類があります。まずは、種類を確認してどの商品を選ぶのがベストなのかを考えてみましょう。

カードローン

カードローンは消費者金融のカードローンと同じように、必要書類は最小限、審査も早いので急いでいる方も選択肢に入れられる商品です。

銀行のカードローンは、使い道は自由。契約時に限度額が決まっておりその限度額内であれば何度でもカードを使って借り入れができます。数百万円単位の大きなお金を借りるのは難しいものの、旅行費用や日常生活の金欠対策であれば十分でしょう。

カードローンを借りるための必要書類はこちらです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(場合によっては不要)

フリーローン

フリーローンは使用目的は自由ですが、申し込み時に何に使うのかを申告しなければなりません。

カードローンとは異なり、契約時に決定した融資金額が一気に融資されます。例えば「結婚式のために200万円を借りたい」と言えば、200万円が全額融資されるので、それ以上借りる際は再び審査を受けなければなりません。

審査のための書類も少し増えます。そのかわり、最初に目的が限定されるので金利はカードローンより低い傾向にあります。

フリーローンを借りるための必要書類はこちらです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 使い道を確認する書類(結婚資金の費用なら見積書など)

目的別ローン

目的別ローンとは、「マイカーローン」、「ブライダルローン」、「教育ローン」などのように、銀行があらかじめ使い道を限定しているローンです。フリーローンと同様に、目的が限定される分金利は低い傾向にあります。

申し込み時に申告した必要な金額が、融資実行に全額振り込まれます。

目的別ローンを借りるための必要書類はこちらです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 使い道を確認する書類

住宅ローン

住宅ローンは、マイホームを購入するためのローンです。融資金額は数百万円から数千万円と、物件価格や年収に応じて増減します。

多額の融資になるため、審査にも時間がかかり必要書類も膨大です。

住宅ローンの必要書類は本人の属性や他の借り入れの有無などによって異なります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 物件に関する書類

individual3

個人が申し込める銀行融資の金利と返済回数

次に銀行融資の金利や返済回数を説明しますね。

原則として、金利が低ければ総返済額は少なくなるので、低金利でお金を借りたいものです。

返済回数は増えれば増えるほど支払い金利も増えてしまうので避けたいところですが、その分1回ごとの返済金額は低くなりますので、負担感なく返済を続けられます。

1.銀行融資の金利の相場は?

銀行融資の金利は0.5%から15%と大きな幅があります。

とはいっても、個人が日常目的で使うローンはカードローンやフリーローン、目的別ローンなので5%以下の低金利はほぼないといってよいでしょう。

カードローンの金利の相場……3%〜15%

銀行のカードローンは融資限度額が1000万円近いものもあります。

3%などの超低金利なのは、これらの高額融資の場合に限られます。個人が契約することが多い10万円から50万円の範囲内であれば13%から15%が相場と言えるでしょう。

フリーローン・目的別ローンの金利の相場……2%〜6%

あらかじめ目的を決めて決められた融資額を一度に融資するタイプのフリーローンや目的別ローンの金利は、カードローンよりは低くなっています。

融資金額が高額になれば金利は低く、低額であれば金利は高くなります。

住宅ローンの金利……1%未満〜3%

住宅ローンは他のローンと比べると超低金利です。

住宅ローンの金利には固定金利や変動金利などの種類があり、全期間固定金利は高めの金利で変動金利は低くなっています。

2.銀行融資の返済回数は最大何回まで?

銀行融資の返済回数は融資商品の種類によって異なります。

カードローンは50万円までの融資なら、1回から60回で5年以内に完済できるような返済回数が設定されています。融資金額によってはさらに長い返済回数を選択可能です。

フリーローンや目的別ローンは、金額によっては10年以内などに設定されています。

住宅ローンの返済回数は、返済期間が最長35年と非常に長いため回数もボーナス払いなしで420回に及ぶこともあります。

individual2

ゆるい?厳しい?所要時間は?銀行融資の審査の真実

銀行の融資といえば審査が厳しそうなイメージがありますね。

実際のところ、銀行の融資でも、正社員で他の借り入れがなく勤続年数が2年から3年はあれば厳しくはありません。派遣社員や契約社員などの非正規の働きかたでも、貸してくれる銀行は多いでしょう。

しかし、以下に該当する方は審査に通らない可能性があります。

  • すでに他の銀行や消費者金融からの借り入れがある
  • 過去5年以内に返済遅延を起こしたことがある
  • 過去5年から10年以内に債務整理をおこなったことがある
  • 携帯電話料金の分割払いが遅れたことがある
  • 奨学金の返済が遅れている
  • 働き方を問わず就職・転職してから半年以内
  • 経費を多く申告している個人事業主
  • 無収入
  • 無職

銀行の融資の審査は、消費者金融等より厳格です。上記に該当する項目がある方は、他の借り入れ方法を検討することをおすすめします。

また銀行融資の審査は、カードローンであれば最短即日が可能なところもありますが、他のローンは数日から1週間ほどかかります。すぐにお金が必要な方は、カードローンを選んだほうがよいですね。

銀行融資の3つのメリットと4つのデメリット

銀行融資の3つのメリットは「金利が低いこと」、「返済計画が立てやすいこと」、「借り癖がつきづらいこと」です。

とはいったものの、実は銀行融資の中でもこれに当てはまるのは、フリーローンや目的別ローンなどの契約時に使い道と融資額が固定されている融資商品だけです。

カードローンは金利は消費者金融系と比較すると若干低いものの、それ以外の点は消費者金融の商品と変わらないので、銀行だからといって大きなメリットはないと考えられます。

 

銀行融資の4つのデメリットは「審査が厳しい」、「融資実行までに時間がかかる」、「目的ローン等は一度借りたら追加で借りるのが大変」、「使い勝手が悪い」です。

これらのデメリットは、フリーローンや目的別ローンのデメリットです。金利が低い分審査は厳しいですし、審査に時間がかかります。

また当初契約した金額は一度に融資されてしまうため、追加でお金を借りるときは再度審査が必要です。そのため「今月ちょっとピンチだから借りたい」という使い方はできません。

ただし、カードローンであればこれらのデメリットはありません。

銀行融資はどんな人に向いている?

銀行の融資は、融資商品によって向いている方が異なります。

「日頃からちょくちょく金欠になるのよね」

「入院してしまい収入が減少して生活が苦しい」

このようなタイプの方は、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、カードローンが向いています。

「車を買いたい」

「結婚式資金が足りない」

「海外旅行に行きたい」

このように、突発的な出費に対応するのであれば、目的別ローンがおすすめです。金利が低く、返済計画が立てやすくなっています。

ただし、転職したばかりの方や他の借り入れがある方など銀行の融資基準に満たない方は銀行から借りることはできないので、別の金融機関での融資を検討しましょうね。

individual4

まとめ

銀行の個人向け融資は目的や使い方によって様々なタイプから選ぶことができます。

ただ、融資条件は他の金融機関よりも厳しく、時間もかかるため誰でも借りられるというわけではありません。その分金利は低くなっているため、初めて借りる方や属性がしっかりしている方は銀行の個人向け融資を申し込んでみるといいですよ。