ローンを借り換えたい方必読。損しない借り換えローンの選び方

loanrefinancing

消費者金融や銀行のキャッシング、カードローンを借りすぎてしまいもう返済するのが辛い、低い金利にしたいという方は「借り換え」を考えますね。今よりも金利が低いローンに借り換えれば総返済額が圧縮されますので、返済の負担が軽減されます。

でも、どうやって借り換えたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ローンを借り換えたい方のために、損をしないローンの借り換え方をお届けします。

借り換えを検討している方は、借り換えローンに申し込む前に、ぜひ本記事を読み進めてくださいね。

借り換えローンとは?

借り換えローンとは、現状よりも低い金利のローンに借り換えるローンのことを言います。どんなローンも借り換え可能。キャッシングやカードローンだけでなく、車のローンや住宅ローンも借り換えることができます。

借り換えローンの目的は、現状よりも金利が低いローンに借り換えることで、返済の負担を減らすもの。

中には、複数のローンを1つにまとめるおまとめローンのことを借り換えローンと呼ぶこともあります。複数のローンを1つにまとめると、返済の手間が省けるだけでなく、返済額にしめる元本の割合が高くなりますので、毎月の返済負担が軽減されます。もちろん、総返済額も圧縮されますので、借金の苦しみから解放されるといってもいいでしょう。

借り換えローンやおまとめローンという名前で売り出している商品を選択してもいいですし、現在の金利よりも低い通常のカードローンを借り換えローンとして利用しても問題ありません。借り換え目的での契約を可能としていれば、銀行のカードローンを借り換えローン的に利用することもできます。

借り換えローンはどこで借りられる?

借り換えローン下記のような業者や金融機関で借りることができます。

  • アイフルやプロミスに代表されるような消費者金融
  • 銀行
  • 信用金庫

消費者金融の借り換えローンは銀行や信用金庫よりも、金利は高い傾向にあります。その分審査はゆるく、正社員以外の方でも契約可能なことも。

しかし、銀行や信用金庫の借り換えローンは、「正社員に限る」などと厳しい条件を定めていることがありますので、誰でも気軽に申し込める訳ではありません。また、借り入れ総額が大きければそれだけ審査も厳しくなります。下記に該当する方は、銀行ではなく消費者金融の借り換えローンやおまとめローンを検討した方がよいでしょう。

  • 正社員ではない
  • 勤続年数が短い
  • 借り入れ件数が多い
  • 年収が低い

消費者金融では総量規制といって年収の3分の1以上を貸し出してはならないという規制がありますが、おまとめや借り換えなどの利用者にメリットが大きいローンは総量規制の対象外ですので、ご安心ください。

loanrefinancing2

私は借り換えるべき?借り換えローンを検討したほうがよい方

借り換えローンの概要についてはわかったものの、借り換えたほうがいいのかそのまま返済したほうがいいのか、もしくは債務整理すべきなのかがわからないという方のために借り換えローンを検討すべき人について解説しますね。

毎月の返済回数の多さに苦しんでいる方

まず、借り換えやおまとめを検討すべきなのは毎月の返済回数の多さに困っている方です。返済回数は、借りている業者の数だけ存在しますよね。2社から借りていれば2回、3社から借りていれば3回も返済しなければなりません。毎月何度も返済しなければならないのは辛いもの。

そして、返済先が多ければ多いほど、返済額の割に元本が減りませんので、完済までに非常に長い時間がかかります。毎月返済日と返済額に追われて、頭の中は借金のことで頭がいっぱい。その苦しさが5年近くも続くなんて嫌ですよね。

でも、借り換えてしまえば返済回数は減りますし毎月の返済額が少なくなるので、借金の苦しさが軽減されますよ。

債務整理をしたくないけど借金の返済の苦しみから解放されたい方

借金の苦しみから解放される最終的な方法は自己破産です。しかし、自己破産をしてしまえばマイホームを手放さなければなりません。マイホームを手放さなくてもよい個人再生や任意整理といった債務整理の方法もありますが、それを実行すれば「信用情報機関」に履歴が残ってしまい5年から7年ほどは、カードローンだけでなくクレジットカードの契約もできません。

借金は苦しいけど、信用情報機関に悪い情報を残したくないという方にとって、借り換えローンやおまとめローンは最適です。債務整理をすることなく、借金の負担を軽減できますので、将来組む予定のローンに悪影響を与えずに済みます。

借金の返済は1万円も不可能という方は債務整理を

リストラや転職、病気や怪我などで収入が減ってしまい少額のローンの返済も不可能になってしまった方は、借り換えローンよりも債務整理をおすすめします。

借り換えたところで返済できなければ結果は一緒。収入と支出を見直して、返済ができない場合は早い段階で弁護士等に相談して債務整理を検討しましょう。

借り換えローンの借り方

借り換えローンを検討している方のために、借り換えローンを申し込むための必要書類や申し込み方法を解説します。

借り換えローンの必要書類

借り換えローンを借りる場合と、通常のローンを借り換えローンとして使う場合では必要書類が異なります。ここでは、借り換えローンを借りる場合を想定して説明しますね。借り換えローンの一般的な必要書類はこちらです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
  • 借りている金利や残高がわかる書類

通常のカードローンであれば、本人確認書類で借りられることもありますが、借り換えローンは収入証明書類が必須です。また借金の残高がわかる書類も必要になりますので用意しておきましょう。

借り換えローンの申し込み方法

借り換えローンを借りる場合は、消費者金融や銀行の借り換えローン専用の申し込みフォームから申し込みましょう。金利が低いカードローンを借り換えローンとして使うのであれば、専用フォームでなくても問題ありません。

借り換えローンの申し込みは原則として、通常のカードローンやキャッシングと同じ手順です。

借り換えローンの申し込みには以下の情報の入力が求められます。

  • 氏名・住所・生年月日
  • 勤務先名
  • 勤務先の規模や従業員数
  • 勤続年数
  • 年収
  • 働き方(正社員・派遣社員など)
  • 借り入れ件数や借り入れ先名称、借り入れ限度額、借り入れ金利
  • 持ち家か否か
  • 固定電話の有無
  • 同居家族や扶養家族の有無、人数

これらの情報を記入すると申し込みは完了です。申し込みが完了したら所定の審査が行われます。審査が完了したら、借り換えローンの金融機関から、借りている業者に直接お金が振り込まれて、借り換え完了。

全てのローンの借り換えに成功したらあとは、1社に返済するだけなので借金の苦しみからは解放されますね。金利が高いローンから低いローンに借り換えたら、毎月の返済額と総返済額が圧縮されますので、月々の返済負担が軽減されます。

loanrefinancing3

まとめ

借り換えローンは、金利の高いローンから低いローンに借り換えるローンのこと。中にはおまとめローンを借り換えローンとして提供している金融機関や業者も存在します。

どちらも借金の負担を大幅に軽減させる利用者目線のローンですので、借金の返済に苦しんでいる方は利用を検討してみると良いですよ。

銀行の借り換えローンは審査が厳しく、なかなか借りられませんので、確実に借り換えたい方は消費者金融の借り換え専用商品を利用すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加