キャッシングとカードローンの違いって何?

キャッシングとカードローン。インターネット上でもこのふたつの言葉をよく見かけますが「キャッシングとカードローンってなにがどう違うの?」と思われている方もいらっしゃることでしょう。

結論から言うと「キャッシングもカードローンも、現在ではほとんど変わりがない」と思っていただいて構いません。

強いていうなら、

  • 借り入れや返済時にカードを使用しないサービスがキャッシング
  • 借り入れや返済時にカードを利用するサービスがカードローン

と思っていただくと覚えやすいかもしれません。一般的に消費者金融と呼ばれるところでは必ずキャッシングサービスが展開されています。だからといってカードローンが必ずあるかと言われるとそうでもありません。

理由は、中小消費者金融等になると、大手と異なり、カードの発行をしていないところがあるからです。

簡単に図示すると以下のような形になります。

キャッシング>カードローン

現在はこのような扱いになっていますが、実は厳密に言うとこの2つのサービス、昔は全く別の意味を持っていました。詳しく説明していきたいと思います。

キャッシングとカードローンはもともと別の概念だった

そもそもキャッシングとは、借り入れた金額を、次月に一括返済をすることを表す言葉を指していました。

しかし、最近はキャッシングでも分割返済、リボルビング返済などいろいろな返済方法が導入され始めたため、カードローンとの境が曖昧になってきています。

カードローンに関しては、各種大手消費者金融等に代表されるように、一括返済だけでなくリボ払い返済などの返済方法が多様に揃っています。

現在、この二つの言葉の違いは「借り入れや返済にカードを利用するか否か」といった点で使い分けがされているケースがほとんどです。
つまり、銀行のキャッシュカードのように、消費者金融のローンの際、カードを用いて利用するときにはカードローン、一方で電話やインターネットでの申し込みにより、指定口座に入金されるようなサービスをキャッシングというように呼ぶようになっています。

金利面やサービスの種類等、キャッシングであってもカードローンであってもそこまで大きな違いはありません。そのためどちらがお得、どちらが損といったようなことはほとんどないといえるでしょう。キャッシングもカードローンも原義ではほとんど変わらなくなっていますので、その二つの意味において損をする、得をするといったことはありませんのでご安心ください。

キャッシングとカードローンはどちらが便利?

便利さの面で言うなら、カードローンの方が若干便利です。その理由は「提携先のATMで利用できる」といった点によります。

大手消費者金融が発行するカードの場合、コンビニのATM、銀行のATMなどでも消費者金融のカードローンが利用できるケースが多くなっており、より手軽に借り入れ、返済を行えるようになっているのです。キャッシングについても、いまだに手渡しで貸し付けをするような業者もあります。

コンビニATMでカードを使って融資を受ける。こちらのほうが、消費者金融に出向いて融資を受けるより心理的な障壁も少ないと言えるかもしれません。そういった面でも、カードローンの方が若干便利ですね。

キャッシングとカードローン、商品の数が多いのはキャッシング

前述したとおりキャッシングとカードローンにおいては

キャッシング>カードローン

という図式が成り立ちます。そのため、キャッシング商品のほうがカードローン商品よりも多いということになります。
例えば、あなたがなかなかカードローンの契約ができずに困っている場合、キャッシングサービスを探すといった具合に手法を変えてみるのも手です。

A社のカードローンの審査に落ちたからと言っ、B社のカードローン審査にも必ず落ちるということはありません。特に、カードローンが用意できない(カード発行をしていない)中小金融業者の方が審査基準がゆるい傾向にあります。審査面を重視される場合、キャッシング系の業者を優先的に探してみるのも手です。

cashing_loan

まとめ

このように、キャッシングとカードローンは最近その意味における違いが大変曖昧になっています。業者によって「キャッシング」と「カードローン」の文言を使い分けているところもありますので、その内容を詳しく見て比較することが重要です。

あなたの用途やライフスタイルに合ったサービスを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加