申込み手続き方法

消費者金融系の新規融資申込みについては、主に4つの申込み窓口があります。

  1. PC、携帯電話、スマートフォンによるインターネットからの申込み
  2. 電話(フリーダイヤルの場合が多い)での申込み
  3. 無人機を利用しての申込み
  4. 店頭へ来店しての申込み

特に近年「1」のインターネット、とりわけスマートフォンに注力した消費者金融が多くなっています。中には「アプリローン」という言葉を用いて、スマホアプリで申込みから融資まで気軽に行えるケースも。

この記事では、それぞれの申込窓口による違いや特徴などについてまとめていきたいと思います。

どの窓口にも共通していること

この全ての窓口で、融資申込書の記入、提出が必要です。氏名、年齢、住所等から本人確認、そして年収の自己申告、職場の名称、連絡先等から在職確認が必要となり、正しい情報を記入する必要があります。

本人確認と在職確認は貸金業法上、業者に履行が義務づけられているので、これを省略する窓口・業者はありません。

もし、これらを省く業者がある場合、貸金業法にのっとらない金融業を営んでいる、つまり、闇金融である可能性が高くなります。「審査の手間が少ないから」「審査の基準がゆるそうだから」などの理由でこういった業者に手を出してしまうといつまでも借金から抜け出せない螺旋に陥ってしまうことも。

しっかりと提出すべきものを求めてくる業者を選ぶようにするようにしましょう。

申込に必要な書類など

この申込書と同時に提出するのが免許証などの公的な証明書です。免許証があれば、それ以外の証明書は必要ないケースが多くなっています。

免許証を持っていない場合となると、健康保険証とパスポートの2枚が必要となる場合もあります。免許証もパスポートも保持していない場合には、保険証に加えて銀行のキャッシュカード、住民基本台帳カードなどで代用可能です。

収入証明書が必要な場合もあります。融資を受ける金額が一定以上である、はじめての取引である場合などに求められるケースが多いのが特徴です。

「収入証明書?役所でわざわざ出さないといけないの?」と思う方もいるかもしれませんが、基本的には給与明細のコピーで代用できます。ご安心ください。

ただし、給与明細のない自営業者・フリーランスの方は昨年度分の確定申告書の提出を求められるケースがあります。申し込みをする前に、事前に用意しておくといいかもしれません。

この収入証明書の提出を「原則不要」としている金融機関もありますし、融資のプランによって提出の要不要を分けているケースもあります。

職場への在籍確認はどのように行われる?

消費者金融を一度も使ったことがない人にとっては「職場の連絡先が必要なら、職場に借金していることが伝わってしまうのではないか」と思ってしまうかもしれません。

でも、ご安心ください。その心配はほとんどありませんし、それは、記事冒頭に上げている4つのどの窓口を経由しても変わらないことです。金融機関もその面については配慮してくれていますので、職場にバレる心配はありません。

具体的には金融機関より職場に「いつもお世話になっています、○○と申します。御社に勤務中の▲▲さんはいらっしゃいますでしょうか?」といったような確認が入るだけです。間違っても消費者金融の名前を出すことはありません。

業者側がしたいことは「確実にその職場に融資申込者が在籍しているか」の確認だけです。なので、本人に電話を変わるといったこともほぼありませんのでご安心ください。

entry

窓口別の申込

インターネットで申込み

インターネット申込のメリットはなんと言っても「スピード感」と「周囲に気づかれにくい」の2点。自宅にいながらパソコンやスマートフォンを使って申し込みをすることができますので、実際の店舗やATMなどに出向く必要がありません。書類の郵送なども指定できるため、消費者金融に出向いていくという行為がなくなると思っていただいて結構です。

さらに、店舗やATM、無人受付機にはたいてい営業時間がありますが、こと申込に関して言えばその制限がほぼないという大きなメリットがあります。極端な話、夜中の3時にも申し込みができるのがインターネットやスマートフォンを使った申込の大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、審査は営業時間帯のみでしか行わない業者がほとんどですので、夜中に申し込んだからと言ってその数時間後に融資が受けられるわけではありません、ご了承ください。

実際の申込の流れとして、インターネットでの申込みの際には、上記の書類を写真に撮ってデータアップロード、またはメール添付の形で提出するケースがほとんどです。専用の申込みフォーマットに従って入力を進めていきます。途中でなにかわからなくなったら専属のオペレーターがいつでも電話でサポートしてくれますので安心です。

ある程度インターネットやスマートフォンを扱ったことがあるひとであれば難なく申し込みできるはずです。

電話で申し込み

こちらも多くの人が利用している申込方法です。特に、インターネットやスマートフォンに疎いシニア世代の方に人気です。中には、女性オペレーターのみが対応する「レディース窓口」などを用意しているところもあります。

電話での申込みの際にも、本人確認書類をメールで送付したいと伝えれば、指定のメールアドレスを教えてもらえるのでインターネット申込みの時と似たような形になります。

無人機で申込み

無人機での申込みは、本人確認書類を持参し、無人機からの指示通りに従えば簡単に申し込みができます。

無人機は、地域の主要駅周辺や人通りのそこまで多くない郊外に設置されているケースが多いです。基本的には無人契約機から示される手順で申込を進めていくことになります。

無人契約機というからまったく人と話すことがないと思っている人もいるかも知れませんが、申込・契約を進めていく中で専属のオペレーターと電話をするケースがほとんどです。本人確認書類として免許証や保険証、給与明細なども持っていっておくと書類郵送の手間などが省けます。印鑑も忘れずに。

店頭で申込み

大手の消費者金融を除き、一部店頭での申込をメインで扱っている中小消費者金融もあります。

基本的には事前に電話予約をして申込を進めるとスムーズです。予約をせず、なにも持たずに来店ももちろん可能ですが、結局必要な書類などが必要になり二度手間になるケースもあります。

「やっぱり誰かに面と向かって話を聞いてほしい」と思う方は、店頭に来店して申込を進めるのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加