実際に返済する利子はいくら?

融資を受ける場合、どうしても気になるのが「利子」です。

とにかくなんでもいいから手元にすぐお金がほしい!とお急ぎの方はこの利子についてあまり注意していないようですが、最悪の場合、この利子により返済が難しくなったり何度も返済を滞納したりすることなり、金融事故履歴が残ってしまう、つまり新たな融資や各種ローンの契約が難しくなってしまうという恐ろしい状況を引き起こしかねません。

今回の記事では、この「利子」について、具体的な計算式と実例を元に返済のイメージを説明しています。無理のない消費者金融の利用・計画的な返済を確実に行うためにも、融資を受ける前に少し頭に入れていただくと幸いです。

消費者金融の金利は上限ギリギリ?

消費者金融の利子は利息制限法の上限ギリギリで設定されることがほとんど。特に大手の消費者金融の場合、利息制限法の上限いっぱいいっぱいまで金利を高く設定しているところが多くなっています。

なぜ利息がここまで高くなっているのか?疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。答えは簡単で、利益を出すため、さらには一部債務者(融資を受けている人)からの返済が見込めなくても他の利用者からの利息でそれを補うための2つが目的です。

消費者金融の審査基準はどうしても銀行やクレジットカードと比べると緩く、そのため消費者金融側が貸し付けた資金が回収できずに貸し倒れになることが多くなっています。その保険として、利息が高くなっていると理解してもいいかもしれません。

利息制限法では、10万円を超え100万円以下の利用の時は年率18%以下、100万円を超えるときの利用額の場合は年率20%と定められているので、おおよそ初回の借り入れの場合は18%(100万円以下の利用)が適用されると考えて良いでしょう。

ちなみに、上記のパーセンテージを超える融資を行っているところは貸金業法違反となり違法です。闇金融ですので絶対に利用しないようにしましょう。万が一、これまでにそういった暴利での融資を受けている場合、それら融資の返済義務はありません。自分で闇金融と対峙できる自信がない場合、専門の法律事務所などに相談することをおすすめします。

また、最近では通常融資は法定金利内で提供しているものの、一部商品が法定金利を超過している「ソフト闇金」と呼ばれる業者も存在します。どちらも絶対に利用しないようにしましょう。

kinri

消費者金融利子の計算式と実例

消費者金融の返済方法で採用されているリボルビング方式の場合、実際に払う利子の計算方法は以下の通りです。

元本(残債)×年率(0.18)×利用日数(30日利用した場合)÷年日数(365、うるう年の場合366)

見慣れない計算式ですので、これを見てすぐに「いくら借りたからいくら返せばいい」とイメージできる方は少数のはずです。下記の条件で融資を受け返済を行うとして、その実際の支払金額を計算してみましょう。

  • 借入額:50万円  年利:18%
  • リボルビング払いで毎月1万円ずつ返済する場合

年利18%で50万円を30日借りた場合の利子は50万円×0.18×30(日)÷365(日)で7,397円。リボルビング払いで毎回1万円払う設定になっているのなら1万円のうち7,397円が利子で2,603円が元本の返済に充当されることになります。

「え、月に一万円返しても元本は2,603円しか減らないの!?」と驚かれる方がほとんどのはず。もちろんこれは初回返済の金額なので、返済を繰り返していけば元本が減るのでそれに伴い利子の金額も減ります。

それにしても、返済額に対しての元本減額が少ないですよね。これこそが、消費者金融等で破産につながりかねない利子の恐ろしさです。

軽い気持ちで借りたものの、なかなか借金元本が減らずにいつも生活が苦しい…そんな状態に陥らないためにも借り入れた金額はなるべく早めに返済する、毎月の返済額をできる範囲で多めにすることをおすすめします。

返済期間が長くなればなるほど、金融機関に支払う利子額は膨大になることをしっかりと覚えておきましょう。借り入れをした「元本」が返済によりどれくらいのペースで減っていくかをしっかりと意識しておく必要があります。

POINT

  • 消費者金融の利子は法定金利上限ギリギリまで高く設定されているケースが多い
  • 毎月の返済額に対して元本がいくら減っているかを常にチェック!
  • 返済期間は短ければ短いほどよく、毎月の返済額が多ければ多いほど支払い利子総額が安くなる

返済をすればするほど減る元本と利子、でも…

その後の返済では、1回目の返済から追加して借り入れを行わなかったとして、49万7,397円の残債に対して同じ計算をし、30日後の返済で利子が7,358円、元本充当額が2,642円となります。

元本充当額は徐々に増えていき、このような形で返済を続けていけば完済につながるわけですが、リボルビング方式には落とし穴があります。それはいつでも、借入限度額まで何度も借り入れを行うことができる点です。

借入限度額まで借りてしまうと、最初の利子7,397円からやり直すことになります。ですから、再度借り入れられるリボルビング方式は、実際に支払う総返済額を算出することが非常に難しいのです。特に数字に弱い人にとってはちんぷんかんぷんな内容かもしれません。

とにかく、リボルビング払い形式で返済を行う場合、毎月の返済に対して元本がどれくらい減るかをチェックする必要があります。

わからない場合、消費者金融のサポート電話などを利用するといいでしょう。親切丁寧に、返済計画や実際の利子の金額について説明してくれます。最近では、女性専用のレディースダイヤルなどを設定しているところも多くありますのでぜひ活用してくださいね。

kinri2

最低返済金額で50万円の元本を返済すると返済総額は約100万円に!

先の条件で、毎月1万円を返済するとしましょう。50万円以上の借り入れの場合、最低金額が1万円程度になる場合が多いためこの金額で試算します。

結論から言うと、50万円の借入に対し、総返済額は90万円程度から110万円程度となります

借り入れた金額の倍、もしくはそれ以上を返済することになってしまいかねません。利子についてあまり重要視していなかった方も、これくらいの返済額になってしまうことがあると知ると少しは意識が変わってきませんか?利子はこれほどまでに膨らむ可能性がある恐ろしいものです。

ただし、借り入れをする際に消費者金融側の専門スタッフをしっかりと相談を重ね、現実的に返済できる計画を立てそれ通りに返済していけばここまで利子が膨らむこともないでしょう。利子の計算を自分でするのはかなり大変です。業者側にしっかりと聞いて、借り入れと返済総額、そのうちの利子額を見極めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加